• 第一期(1974~1983)コミュニティー化路線
  • 第二期(1984~1993)ボウリング文化路線
  • 第三期(1994~2003)クリエイティブ路線
  • 第四期(2004~2008)LIVIVE路線
  • 第五期(2009~)REBIRTH路線

第五期 (2009~) の活動

REBIRTH

再生、復活、蘇生

入会・会費制度の見直し

 より多くのセンター(特にチェーンセンター)の入会を促進し、活動の幅を広げるため、現行のセンター単位入会制(単独&キーBC+チェーンBC会費)を廃止し、新たに「企業単位入会制」(グループ企業は別会社と見なす)を敷く。
・各企業とも代表センターをキーメンバーとして登録。
・代表以外のチェーンセンターは会費を納めなくてもサブメンバーとして登録でき、所定の参加費等(キーメンバーより割増)を払えば各事業に参加でき る形をとる。

事業・予算の基本方針

・事業は「プロモーション」をメインとし、各事業の見直しを図るとともに事業全体のメリハリをつけて再編する。
・年間イベント体制の確立し「販促活動のBW会」とのイメージを強化する。
・ブランズウィック社・サンブリッジ社との新規連携事業を組む。
・地区活動の活性化と地区予算の再編。・あらゆる分野でコスト削減を追求。

コンベンションの構成・運営

・コンベンションは原則、交通の便のよい大都市(東京・横浜・大阪・神戸・名古屋等)での1泊2日の開催とし、経営研究や販促、ディスカッションに重きを置いた内容でで構成する。
・カンファレンス(これまでの総会)は、前期事業・決算報告、当期事業計画・予算説明等のほか、会の活動に対する意見・要望・提案時間を含めて構成する。
・コンベンションは上記会議のほか、直面する課題をテーマにしたパネルディスカッションや研究会、業界内外の販促事例研究会、各種顧客対策等の分科会活動、BWプレゼンテーション、懇親パーティー等で編成する。

プロモーション事業案

・緊急時対策を兼ねた「ファミリー特割キャンペーン」
・BUDコンペをリモデルし活性化させる「BUDボウル」
・Web大会の拡充 ( ジュニア、高校生、新社会人、子供会、予約コンペ、クラブ、業種別など)
・BW&サンブリッジ社との連携による「Getギアプラン」の魅力化・キャンペーン化
・業界外メーカーからの共同仕入れ開発と販促イベント等の提案
・リアルサービスキャンペーン
・ボウリング教室への再挑戦キャンペーン
・新LTBシステム開発
・リピート、マニア化対策の強化
・団塊世代開発キャンペーン
・タイアップによる付加価値ボウルの開発
・エコ活動キャンペーン
・その他

情報・研究事業案

・業界内外販促事例収集・資料作成
・経営ノウハウセミナーの定期開催
・団塊世代開発研究会
・営業ノウハウの整備
・企画検索システムの開発
・人材養成講座
・オープン客動向調査(4年毎)とその分析による企画・サービス等の提案
・その他

  • 第一期(1974~1983)コミュニティー化路線
  • 第二期(1984~1993)ボウリング文化路線
  • 第三期(1994~2003)クリエイティブ路線
  • 第四期(2004~2008)LIVIVE路線
  • 第五期(2009~)REBIRTH路線